柏木内科医院

【柏木内科医院】北九州市 小倉北区/内科/消化器内科/リウマチ科

〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野2-21-10
TEL 093-921-7943
Google


WWW を検索
kashiwagi-naika.com を検索
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
HOME»  関節リウマチ

関節リウマチ

関節リウマチとは

関節リウマチ

関節リウマチとは、身体の各関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛む病気で、長期間に渡って進行すると関節の変形と機能障害が起こる進行性の大変辛い病気です。リウマチの原因は明らかではありませんが、一部に遺伝的要因が関係していると思われます。
例えば、非リウマチ家系のヒトがリウマチになる確率(疾病率)はわずか0.5%であるのに対し、リウマチ患者の兄弟姉妹がそろってリウマチになる疾病率は約5%となります。
さらに、遺伝子が同じ一卵性双生児では疾病率は15~34%にまで増加します。

またリウマチは加齢により発症率が上がる疾患と言われていますが、加齢は後天的なゲノム(動物の持つ全ての遺伝情報)の変異も促します。近年では具体的に幾つかのリウマチに関連する遺伝子も見つかってきています。これらの事実は、リウマチが遺伝により制御されていることを示しています。
しかし、同じ遺伝子でも100%リウマチを発症するわけではないので、リウマチは遺伝というリウマチになりやすい個人の持つ素質に加え、その他何らかの後天的要因がプラスされ、はじめて発症する疾患と考えられます。

後天的要素の一つに病原微生物(細菌やウイルス)による感染が有力視されています。
その理由は、種々の感染症に罹患すると一過性で軽度とはいえ多くの例で関節痛が出現すること、実験動物を病原微生物で感染している比率が高いこと、微生物の細胞表面のタンパクがリウマチに関連ありそうな遺伝子のタンパクの構造と似ていることなどがあげられています。
しかし、微生物による感染はリウマチの原因の一つと考えられているだけで、リウマチがヒトにうつるわけではありません。

リウマチは女性に多い疾病です。妊娠中に症状が軽快することや、男女比が加齢とともに減少し、経口避妊薬がリウマチの発症を抑えるという事実からリウマチと性ホルモンの関係も検討されています。
その他、ストレス・食事・喫煙・天候(低温・高気圧・高湿度)など様々な要因がリウマチの成因や増悪因子として検討されていますが、結論は出ていません。

 

関節リウマチの病態

リウマチの本態は炎症性滑膜の増殖にあります。炎症性滑膜の増殖は調節あるいは間接的にリウマチの関節破壊を形成します。
滑膜とは関節の内側を包んでいる膜で通常は1~2層の薄い膜です。しかし、リウマチになると滑膜が何層にも肥厚して関節の腫脹をきたすようになります。
また滑膜の炎症性細胞(活性型リンパ球・マクロファージなど)や放出される炎症性物質(サイトカイン)や骨・軟骨破壊性酵素の働きにより関節は破壊されます。炎症性サイトカインは骨を吸収する破骨細胞の分化や機能を亢進させ。リウマチの骨破壊を促進します。
近年、承認されている生物学的製剤は炎症性サイトカインを直接抑える働きがあり、リウマチの炎症を抑制するのみならず、骨・軟骨の破壊を抑えリウマチの関節破壊を阻止する効果が期待されています。

 

関節リウマチの症状・診断

関節リウマチの初発症状として多いものは、関節炎による関節痛、関節腫脹です。
関節炎は手の指の場合、指先の関節(DIP関節:いわゆる第1関節)に症状が起こることはまれで、手のひらに近い指の関節(PIP関節:いわゆる第2関節)に症状が起こることが多いです。
そのほかに朝のこわばり(朝起きたときに関節が動きにくかったり、違和感を感じること)や、全身の疲れや微熱、体重減少をきたすこともあります。
関節リウマチと診断するには、典型的な症状がそろうと確実ですが、初期には診断がつかないこともよく経験されます。
臨床の現場では、以下の分類基準がもっとも用いられています。


関節リウマチ分類基準 (ACR/EULAR 2012)

罹患関節

スコア

大関節1カ所

大関節2~10カ所

小関節1~3カ所

小関節4~10カ所

11カ所以上(1カ所以上の小関節)

0

1

2

3

5

血清学的検査

リウマトイド因子陰性かつ抗CCP抗体陰性

いずれかが低値陽性

いずれかが高値陽性

0

2

3

急性期反応物質

CRP正常かつ赤沈正常

CRP、赤沈のいずれかが異常

0

1

症状の持続

6週未満

6週以上

0

1

合計してスコア6以上で関節リウマチと診断する
(大関節:肩関節、肘関節、股関節、膝関節、足関節
小関節:手関節、MCP、PIP、1sttIP、2-5MTP:手や足の指の関節)

 

関節リウマチの治療

関節リウマチの薬物療法の第一の目的は関節破壊を抑えることにあります。その目的でDMARDs(疾患修飾性抗リウマチ薬)とよばれる薬を使います。
リマチル(ブシラミン)、アザルイフィジンEN(サラゾスルファピリジン)、リウマトレックス(メソトレキセート)などが代表的な薬となります。効果には個人差がありますが、有効な場合は関節破壊の進行を抑えることができます。
最近は従来の薬で効果のなかった方にも、生物学的製剤{レミケード、エンブレル、アクテムラ、ヒュミラ、オレンシア、シンポニー、シムジア}が使用されるようになり、高い効果が認められています。その他にも新たな薬が次々に開発されており、治療の選択肢は広がっているので、
関節リウマチは完治を目指せる時代になっています。
当院では生物学的製剤等最先端の治療を行っております。

 

関節リウマチの食事

通常、特別な食事は必要ありませんが、糖質、蛋白質、脂肪、ビタミン、ミネラルをバランス良くとることが重要です。

蛋白質:関節リウマチの患者さんでは不足がちですので、十分にとって良いと考えられます。その際、肉、魚、大豆などいずれでもかまいません。

脂肪:肥満は膝や足に負担をかけて痛みを増すので、脂肪は控えて太らないように努めてください。ただし、魚の油にふくまれるエイコサペンタエン酸は関節リウマチの炎症を抑える可能性があり、青魚をとることは良いようです。

ミネラル:関節リウマチでは、骨がもろくなるため、カルシウム(小魚、乳製品、野菜など)は十分にとって骨を強くする必要があります。ナトリウム(食塩、重曹など)は高血圧や浮腫を助長し腎臓に負担をかけるのでひかえるようにしてください。

 

関節リウマチと喫煙

喫煙をすると関節リウマチの治療が効きにくくなると言われています。
また、関節リウマチの素因がある方は、発症に危険を高めることが知られています。
関節リウマチの治療中の方や、関節リウマチが心配な方には禁煙をおすすめしています。