柏木内科医院

【柏木内科医院】北九州市 小倉北区/内科/消化器内科/リウマチ科

〒802-0064 福岡県北九州市小倉北区片野2-21-10
TEL 093-921-7943
Google


WWW を検索
kashiwagi-naika.com を検索
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
HOME»  血液検査の説明

血液検査の説明

臨床検査項目の説明


臨床検査項目の説明
  検査項目 名称 基準値  

TP TP(総たんぱく) 6.7~8.3 全身の栄養状態や病気の有無を知ることができます。
アルブミン アルブミン 4.0~5.0 栄養状態が悪い場合は低下します。

 





TTT チモ-ル試験 4.0以下 肝臓の疾患などにより増加します。
ZTT クンケル試験 2~12
T-B 総ビリルビン 0.3~1.2 黄疸の有無を知ることができます。
AST AST(GOT) 13~33 肝臓、心臓、筋肉の障害により増加します。
ALT ALT(GPT) 男8~42 女6~27 肝臓の障害により増加します。
LD LD(LDH) 119~229 肝臓、心臓、骨格筋、血球の障害や悪性腫瘍で増加します。
ALP アルカリフォスファターゼ 115~359 肝臓、胆道、骨の疾患により増加します。
γ-GTP γ-GTP 10~47 肝臓、胆道の疾患(特にアルコ-ル性肝障害)により増加します。
Ch-E コリンエステラーゼ 107~233 全身の栄養状態や肝予備能を知ることができます。脂肪肝で増加します。

 


BUN 尿素窒素 8.0~22.0 腎臓の働きが低下すると増加します。腎以外の因子によっても変動します。
Cre クレアチニン 男0.6~1.1 女0.4~0.7 腎臓の働きが低下すると増加します。
UA 尿酸 男3.6~7.0 女2.3~7.0 プリン体代謝異常や腎機能障害で増加します。
高値の時は痛風や腎結石を発症しやすくなります。

 



Na ナトリウム 138~146 水分や電解質の摂取と排泄のバランスにより変化します。利尿剤を服用していると低くなることがあります。
Cl クロ-ル 99~109
K カリウム 3.6~4.9

 

Amy アミラ-ゼ 50~159 膵臓、唾液腺、腎臓の疾患やマクロアミラ-ゼ血症で増加します。

 


T-CHO 総コレステロ-ル 128~220 肝機能、栄養状態、代謝内分泌疾患や腎疾患の有無により変化します。LDL-C(悪玉コレステロ-ル)の増加とHDL-C(善玉コレステロ-ル)の低下は動脈硬化の発症危険因子とされています。 
HDL-C HDL-コレステロール 41~96
LDL-C LDL-コレステロール 70~139
TG 中性脂肪 男38~150 女30~137 肥満、糖尿病、アルコ-ル摂取などで増加します。

 


尿
Glu 血糖 69~104 糖尿病では増加します。食事の影響を受けます。
HbA1c ヘモグロビンA1c 4.3~5.8 糖尿病の有無や経過をみる検査で、約1ヶ月間の血糖レベルと相関します。

 


Fe 血清鉄 男54~200 血清鉄、TIBC、フェリチンなどの検査と総合して貧血の種類を知ることができます。鉄欠乏性貧血で減少します。
女48~154

 


CRP C反応性蛋白 0.5以下 炎症の有無、程度を知ることができます。(感染症やリウマチ等の活動期に上昇します)

 


WBC 白血球 3500~8000 細菌感染症などで増加します。減少している場合は感染症にかかりやすくなります。
RBC 赤血球 男410~530 女380~480 貧血や多血症の有無を知ることができます。MCV、MCH、MCHCは赤血球、Hb、Htから計算で求め、貧血の種類の鑑別に役立ちます。
Hb ヘモグロビン
血色素
男14~18 女12~16
Ht ヘマトクリット 男39~52 女35~48
Plt 血小板 13万~35万 肝硬変症などで減少します。減少すると出血傾向がみられることがあります。